HOME ミラクルフルーツとは SDGsを通じて オーナー制度 「三つの笑顔」支援プラン 支援企業 お問い合わせ

約 34 年前、一人の男の熱い想いから始まりました。

Kenji Nakamura (2020年2月14日永眠)

中村憲司の熱い想い


ミラクルフルーツで世界中の子供たちに希望と笑顔を届けたい。約34年前、一人の男の熱い想いから始まりました。一般社団法人ミラクリンは、その想いに共感したメンバーが集い発足致しました。また、1型糖尿病の子供たちを中心とした糖尿病患者の方々に少しでも希望と笑顔をお届けできる支援活動を行ってまいります。子供たちの明るい未来を大人たちがサポートできる社会にしたいと願っております。



ミラクルフルーツ収穫量世界一!完全無農薬!

世界最大規模の本格自社農地


1992年より中村憲司氏とフィリピン国立大学農学部博士のA.ドミンゴ教授が、ミラクルフルーツ研究育成から、約27年(2020年時点)掛けて、完全無農薬農法 (ニーム農法)にて約5ヘクタール(約15,000坪)、ミラクルフルーツの樹約10万本を栽培、世界最大規模のミラクルフルーツ自社農地を確立。




常温での長期保存が可能!世界流通可能に!

世界初のフリーズライ化に成功


収穫後、直に実が傷むミラクルフルーツ。そのため長年冷凍による保存がされてきました。その背景には酸味を甘味に変える成分(ミラクリン)が熱に弱く加工が難しいとされていましたが、世界初のフリーズドライ加工に成功!常温での長期保存が可能になり、世界への流通も可能と成りました。